1 2 3
お知らせ
研究班連絡先

研究班連絡先

代表:奥村 謙
事務局:富田 泰史

〒036-8562
青森県弘前市在府町5

弘前大学大学院医学研究科
循環器腎臓内科学講座

TEL: 0172-39-5057
FAX:0172-35-9190
E-mail:
ninaika@hirosaki-u.ac.jp

心房細動と心原性脳塞栓症

心房細動と心原性脳塞栓症

心臓は左右の心房と心室、あわせて4つの部屋からなる臓器です。正常な心臓では心房と心室がうまく協調することによって、一分間に60-100回規則的に拍動しています(上左図)。しかし、心房細動では何らかの原因で心房が一分間に300回以上も収縮し、その収縮のいくつかがバラバラに心室に伝わるため、心室が不規則に拍動します(上右図)。

心房細動だけでは命にかかわるようなことはありません。しかし、その最も大きな問題は、「心原性脳塞栓」とよばれる重症脳梗塞の原因となることです。心房細動では左心房内の左心耳とよばれる場所に血栓が形成されやすくなり、これが血流にのって脳の比較的太い血管を閉塞することにより、重症脳梗塞を発症します。心原性脳塞栓症を発症した約半数の方は寝たきり~致死的になると報告されています。

心房細動になりやすい方

では、どういう方が心房細動になりやすいのでしょうか?心房細動になるリスク(危険因子)を見つけることが、今回の研究班の目的です。心房細動は高齢の方に多く、また高血圧や心臓肥大、弁膜症、心筋梗塞などの心疾患、甲状腺機能亢進症などの疾患がある人に発症しやすいです。加えて、多量飲酒や睡眠不足、精神的ストレス、メタボリックシンドロームを有する方も発症しやすいといわれています。本研究班により日本人の心房細動発症リスクが明らかになり、その発症予防に結びつくことが期待されています。
さらに心房細動の大きな合併症である心原性脳塞栓症を発症するリスクも明らかにしていきます。

最新情報